近江環人地域再生学座のご紹介

近江環人地域再生学座についてご紹介します。

【プログラムの目的】
「近江環人地域再生学座」は、湖国近江の風土、歴史、文化を継承し、自然と共生した美しい居住環境、循環型地域社会を形成するために、行政、企業、NPOなどそれぞれの立場で地域再生のリーダーとなる資質を有した人材として「コミュニティ・アーキテクト(近江環人)」を育成し、地域のニーズに応えることを目的としています。
「コミュニティ・アーキテクト(近江環人)」は、滋賀県が目標とする持続可能な地域社会の構築をオーガナイズするあるいは地域文化・資源を生かしたまちづくり・地域おこしをコーディネートする新たな職能として提案するもので、琵琶湖を中心に湖南・湖東・湖西・湖北それぞれの地域が抱える環境、文化、社会、暮らしの課題を正しく認識するとともに、地域診断からまちづくり(コミュニティ活性化、環境改善、市街地再生、地域文化育成等)などそれぞれの専門性の上に、複数分野に関わる課題を横断的、統合的に捉える知識、能力、経験を有し、行政、企業、NPOなどそれぞれの立場で地域再生のリーダーとなる人材として育成することを目的としています。

【人材養成プログラムの内容】
人材養成は、大学院博士前期課程修了(修士)と合わせて、コミュニティ・アーキテクト(近江環人)の称号を付与するAコースと、学位に関わらずコミュニティ・アーキテクト(近江環人)の称号を付与するBコースの2コースによって行います。
Aコースでは、滋賀県立大学大学院各研究科(環境科学研究科、工学研究科、人間文化学研究科)の大学院博士前期課程に、「近江環人地域再生学座」が担当する共通の基幹科目を新設し、その新設科目を含めて、各研究科が規定する科目および単位(30単位以上)を取得することによって所属する研究科の学位を授与します。また、新たに創設する試験に合格した者に「コミュニティ・アーキテクト(近江環人)」の称号を与えます。
Aコースの修了年限は2年としますが、別に定める規程の条件を満たした場合、1年に短縮することができるものとします。
Bコースでは、リカレント教育や地域マネージャーの育成などの地域ニーズに応えるために、地域再生に関わってきた人材又は今後関わる意志のある人材を新たに定める募集要項によって募集し、育成します。Bコースは、「近江環人地域再生学座」が認定する講義を科目等履修生として受講し、新たに創設する試験に合格した者に「コミュニティ・アーキテクト(近江環人)」の称号を与えます。Bコースの履修年限は1年とします。
詳細は
滋賀県立大学ホームページ http://www.usp.ac.jp/gakubu/tiiki/ohmikanjin/
および
近江環人地域再生学座ホームページhttp://ohmikanjin.net/
をご覧ください。