第三回現場研修会を開催しました(2017.11.26)

この度、第三回の現場研修会を開催しました。

名称:環人ネット第三回現場研修会
日時:11月26日(日)14:00~15:30
場所:あいとうふくしモール
テーマ:地域でまかなう食・エネルギー・ケア(東近江市)
内容:いろいろな思いを持った個人や事業所が集まり、それぞれの「特技」や「強 み」「専門性」を出し合い、つながり合 い、わけ合って暮らしの課題に取り 組み、心豊かな地域を作ろうという 思いの詰まった場所をご案内します。
案内人:丸山 紗千代(近江環人10期生)
講師:あいとうふくしモール運営委員会 丸山 紗千代
参加者:6名

まず、あいとう福祉モール内にある農家レストラン「野菜花」で「のなかランチ」をいただきました。
野菜花は肉・魚を使わず、地元の野菜をふんだんに取り入れた月替わりのランチが人気のレストラン。
参加者の近江環人OBOG同士で交流を含めました。

食後は、近くの「ほんなら堂」に移動し、
講師である近江環人10期生、現在はあいとう福祉モール運営委員会の丸山氏から、あいとうふくしモールの説明を受けました。

あいとうふくしモールは、
・愛東地域において、暮らしの中で困った時応えてくれる場を作りたい
・いろいろな「人」がいろいろな「思い」を持っていろいろな「出会い」ができる場を作りたい

という思いから作られた施設で、4つの法人が敷地内にあり、障がい者の働き支援、高齢者等の暮らし支援、農家レストラン、田園カフェの運営等を行っており、運営委員会が4つの組織の橋渡しとなり独自事業を推進しています。

等しく、困った人がいればすぐ手を差し伸べられる場づくりに、参加者は非常に感銘を受けていました。

視察の受け入れもしており、興味のある方は下記からお申し込みください。
http://fukushi-mall.com/wp/

20171126_8 20171126_7 20171126_6 20171126_4 20171126_2 20171126_1

 

今後も、環人ネットでは、定期的に現場研修会を開催いたします。
ぜひご参加のほどよろしくお願いします。

(12期生兼事務局 水野華織)

第二回現場研修会を開催しました(2017.08.20)

度、第二回目となる現場研修会を開催しました。

名称:環人ネット第二回現場研修会
日時:2017年8月20日(日)15:00~17:00
テーマ:地域のエネルギーは地域のもの (湖南市)
内容:自然エネルギーを活用するにあたり、地域で生み出された利益は「地域で循環」させ、地域の支え合いに使うことが大切。
その理念のもと、日本で初めて地域自然エネルギー基本条例を制定した湖南市。
それから5年。湖南市エネルギー政策課の池本氏の案内で「太陽・水・木」で作り出されるエネルギー施設を巡り身近な自然エネルギーの活用について実例を見聞してきました。
案内人:吉本智(近江環人3期生)
講師:湖南市地域エネルギー室 池本未和氏
参加者:12名

まずは 湖南市市民産業交流促進施設「ここぴあ」にて湖南市エネルギー室 池本氏より地域自然エネルギー基本条例、近江環人3期生・吉本より木質バイオマス利活用の実例を紹介し、少しですが「ここぴあ」にて地元野菜などのお買い物も楽しんで頂きました。

『池本氏の説明からポイントは3つ』
・エネルギー・経済の循環による地域活性化
・自立分散型のエネルギー確保
・地球温暖化防止への貢献

具体的には、イモ発電の実証実験や地域新電力(自治体等が行う地域に根ざした電力小売事業) 木質バイオマス(林地残材による薪・ペレット等)の活用によりエネルギーの地産地消と地域の中で資金が循環するシステム作り。
平成30年には一般家庭に向けての電力販売や市内の温泉施設に木質バイオマスボイラーの設置など進めておられるとのことでした。

お話を聞いた後、市内にある自然エネルギー施設の見学へ。
湖南市民共同発電所4号機柑子袋まちづくりセンターと( 有 ) 山本材木店さん (湖南地域初のペレット製造工場)へ。
車中からではありましたが用水路を利用した小水力発電施設など見学。

それぞれの施設にて質疑応答を行い、夜は参加者の皆さんとお楽しみ懇親会。
今回は京都より自然エネルギーに関心がある森林活動グループの方が参加して頂きましたのでは、それぞれの活動内容・情報交換を行い楽しい時間を過ごすことが出来ました。

10月から湖南市木質バイオマス再生可能エネルギー導入検討委員会が設置され、バイオマス燃料製造プロジェクトに参画。
利活用されていない杉・桧の人工林を搬出し薪・ペレット製造の調査研究を行います。
一歩づつですが、エネルギーの地産地消に向かって湖南市では確実に進んでいます。
またいつでもご案内しますので、興味ある方はご連絡くださいませ!

(近江環人3期生 吉本智)

24474756_1568839449862643_5599510_o24463296_1568839076529347_1549206487_o24323677_1568839009862687_1602026997_o

24463080_1568839326529322_1128611171_o24463235_1568839026529352_307355810_o24323852_1568839213196000_963286858_o

24474771_1568839403195981_268221751_o24323981_1568839423195979_380341556_o

 

10年100人同窓会を開催します

平成28年2月吉日

近江環人地域再生学座
関係者各位

滋賀県立大学地域共生センター
センター長 濱崎 一志
NPO法人環人ネット
理事長 辻村 琴美

近江環人地域再生学座 10100人同窓会 開催のご案内

 拝復 早春の候、皆様におかれましてはますますご清祥のことと存じます。平素は格別のご高配賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、平成18年10月よりはじまった「近江環人地域再生学座」は、平成27年10月で10年目を迎えました。この間、多くの方々にご支援ご指導賜り、受講生は140名、称号授与者は97名となり、平成27年度3月の称号授与式で100名を超えます。
つきましては、開講10周年及び称号授与者100人を記念して、下記の通り「同窓会」を開催したいと存じます。学座に携わっていただきました卒業生、教員、講師、関係者の皆様にお集まりいただき、親交を深め、新たな10年に向けて意見交換の場とさせていただければと思います。
ご多用のところ、誠に恐縮ではございますが、ご参加いただきますようよろしくお願い申し上げます。  敬具

案内状&出欠表
20160212招待状_近江環人10年100人同窓会


1.名称:近江環人地域再生学座 10年100人同窓会
2.日時:平成28年3月26日(土)18時30分~20時30分(受付開始18時00分)
3.会場:ホテルサンルート彦根(滋賀県彦根市旭町9−14)
4.プログラム:18時00分 受付開始
18時30分 開宴 開会挨拶:大田学長、来賓挨拶、乾杯
18時45分 近況報告(先生方、来場者、受講生)
20時25分 中締め挨拶 濱崎センター長
20時30分 終了
5.会   費:8000円 (ビュッフェ形式、フリードリンク)
6.主   催:近江環人地域再生学座、NPO法人環人ネット10年100人同窓会実行委員会
7.出欠連絡 :裏面の連絡用FAX用紙にてお願いいたします。メールの場合は、アンケート項目についてもご回答お願いします。FAX:0749-28-0220(地域共生センター)メール:office@kanjin.net
8.問合せ窓口:滋賀県立大学地域共生センター 鵜飼、上田、小川 0749-28-9851
以上

案内状&出欠表
20160212招待状_近江環人10年100人同窓会